• ホーム
  • サテライトサイト作成には中古ドメインが良いかも

サテライトサイト作成には中古ドメインが良いかも

パソコンを使う女性

サテライトサイトを作成する際に、中古ドメインを用いることでさまざまな付加価値が得られ、運営を有利に進めることが可能です。中古ドメインの使用が新規サイト作成時に有効である理由として、ドメインの持つドメインランクが挙げられます。Googleが2014年頃までサイトの評価基準として、スコアの高いドメインを評価するページランクを採用していました。現在は廃止されたものの、検索エンジンにはこのランク方式のプログラムが残っていると考えられており、高いドメインランクを持つ中古ドメインほど評価される傾向にあります。

中古ドメインがサテライトサイト作成時に有利な理由に、評価が得られるまでの時間短縮も挙げられます。新規ドメインでサイトを始める場合、正当な評価を受けて検索順位が上昇するまでに最低でも3ヶ月から半年はかかるのが一般的です。クローラーがインデックスを終えるまで時間がかかるということ、ドメインパワーが高まるのは少なくとも運用開始から1年間は必要ということが関係しています。しかしドメインランクを含むドメインパワーが高い中古ドメインを利用することで、サイトにもドメインランクが引き継がれ検索順位が上昇しやすくなり、結果的に時間短縮へと繋がります。

被リンク資源の引き継ぎが可能な点も、中古ドメインが有用なSEO対策である理由の1つです。ユーザーに役立つ情報の提供をポリシーに掲げるGoogleにとって、被リンクもコンテンツの重要な評価基準となります。中古ドメインにはドメインランクだけでなく、人間がシェアしたいと望んだ証である被リンクも付加価値として付随するため、新規サイトへのクロールおよびインデックスが早まるという仕組みです。

ただサテライトサイトを作成する際、注意したいポイントとしてWordPressのテンプレートが挙げられます。WordPressやシリウスには豊富なテンプレートが用意されており、利用することでさらなる時間短縮へと繋がる上に統一感が出やすいためメインと同じテンプレートを使いがちです。しかし同じようなソースを用いたサイトからリンクが貼られていた場合、検索エンジン側からは不自然なリンクと判断されかねません。異なるテンプレートを用いたり、メインサイトでWordPressを使用しているのであればサテライト側ではシリウスを使うなど、テンプレートを分散させる工夫を施しましょう。