• ホーム
  • トップレベルドメインにSEO効果はないの?

トップレベルドメインにSEO効果はないの?

パソコンを使う男性

トップレベルドメインとは、ドメイン内のドットで区切られた文字列の右端末尾部分を指します。国・地域や分野を表すものであり、それぞれに意味を持つ文字列です。国を表すccTLDの中でも代表的なものは、日本のjpやアメリカのus、イギリスのukなどが挙げられます。インドのinやコロンビアのcoに関しては、その国や地域に在住していなくても取得が可能です。

次に用途別のトップレベルドメインを見ていくと、商業組織のためのcomやネットワーク用のnet、非営利組織のためのorgなどが代表的です。これらトップレベルドメインの差異は所属地域や目的・用途によるものであり、種類によって異なるSEO効果がもたらされることはありません。Googleからも、トップレベルドメイン自体に特別なSEO効果はないという見解が述べられています。

ただし直接的なSEO効果がないとは言え、何でも良いという訳ではありません。中古ドメインを取得するのはドメインパワーを得る以外に、良い文字列のドメインやサイトに適したドメインを入手するという目的もあるからです。ランダムな文字列よりも、良い文字列やサイトのジャンルにマッチしたドメイン名の方が訪問者も覚えやすく検索結果表示画面からのクリック率も上昇します。

トップレベルドメインに拘るメリットとして、ユーザーの安心感が得られるという点が挙げられます。たとえばco.jpに関して言えば、1つの企業に対して1つしか取得できないドメインであり取得の審査が厳しいことで有名です。さらには取得の際に住所や所在地を明らかにしなければならないため、裏を返せば取得できている企業はある程度信用できる企業という判断ができます。またjpを日本語ドメインとして利用している場合、日本国内に存在する企業・個人であるという証明にもなります。国内限定で売り上げが見込めるサイトであれば、他のワールドワイドなドメインよりもはるかに大きな成果が得られるでしょう。

企業で使用されるco.jpのco部分を第2レベルドメインと呼び、大学などのacや政府機関のgoなども同じ分類です。小・中学校のedなど公的機関の他に、社団法人向けにorが用意されておりいずれも条件を満たした機関や組織しか取得できません。サイトの用途に適したドメインを使用することにより、ユーザーの安心感が得られて間接的なSEO効果が期待できます。

ちなみにターゲット層となる地域が明確である場合は、エリアに合致したccTLDを取得した方が有利です。後からサーチコンソールで地域を設定することも可能ですが、地域に合ったccTLDを利用している場合はGoogleが自動的に地域設定をしてくれます。サーチコンソールも万全ではないため、もし明確なターゲットエリアがあれば該当地域のccTLDを利用した方が良いでしょう。