• ホーム
  • ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いについて

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いについて

サテライトサイトを作成する際の注意点として、知らずに行った方策がブラックハットSEOに該当してペナルティを受けてしまうケースが挙げられます。特にメインサイトに被リンクを送るという特性上、Googleのガイドラインに抵触しやすいため作成の際は細心の注意を払わなければなりません。

ブラックハットSEOとは、検索エンジンのアルゴリズムの隙を突いてプログラムなど技術的側面だけでサイトの検索順位を上げようとする行為です。たとえば検索エンジンのクローラーにはプログラム的に有利なページを見せてユーザーには別のページを表示するクローキングや、自動でテキストコンテンツを作成するツールを用いてキーワード検索を上昇させるワードサラダなどが該当します。SEO目的で購入したサイトから得た不自然リンクも、同様にブラックハットSEOの部類です。

こういった行為は2000年代後半から2010年にかけて多くのサイトに蔓延し、Googleの検索精度が著しく低下しました。この課題点をクリアすべく行われたのが、Googleによって2012年に実施されたペンギン・パンダの2つのアップデートです。ペンギンアップデートによって、不自然リンクやワードサラダなどでアクセス数を稼いでいたサイトは検索順位を大幅に下落させられました。コピーコンテンツなど検索精度の阻害となっていた課題点も、もう1つのパンダアップデートによって多くの劣悪なサイトを駆逐することに成功しています。

ペンギンおよびパンダアップデートでブラックハットSEOを排除したGoogleは、検索エンジン最適化スターターガイドやウェブマスター向けガイドラインなどでサイトの評価基準を述べています。これらガイドラインに沿った形でWebサイトを構築、および最適化する手法がホワイトハットSEOです。ユーザーに役立つ情報を提供するといったGoogleの理念を理解し、ユーザーを第一に考えたサイト作りをすることがホワイトハットに当たります。

具体的にはユーザーの課題解決の手助けをするコンテンツ作り、快適なサイト設計やそれに伴うサイトのジャンルにマッチした自然リンクの取得などです。メタ情報の適切な設定も、ユーザーとクローラーの両方の巡回を助ける方策として有効な手段となります。

パンダアップデートが施されるまでは、外部サイトからの被リンクが多いほど検索順位が上昇していました。しかし検索エンジンのアルゴリズムにアップデートがなされた現在は、サイトのジャンルから明らかに逸脱していたり品質が低く価値のないペラサイトによる被リンクはペナルティ対象となりやすいです。ユーザーにとって快適かつ、役立つということを基本に据えた上でサイトを作成しましょう。