パソコンを使用する人

サテライトサイトは、メインサイトと同じジャンルでありながら別の内容のサイトを構築して、アクセス流入を促し被リンクを付与することで検索順位を上昇させるSEO対策の1つです。検索順位を決定するGoogleは、サイトを評価する基準として被リンク数も挙げておりサテライトサイトから被リンクを取得する構造を作り出すことで、引いてはサイトの上位表示へと繋がります。またメインサイトで扱いきれない情報量を、サテライトサイトで補助するといった構造を構築する上でも重要な位置を占めます。

サテライトサイトを構築する上で重要視すべきなのは、ユーザーのニーズを考えるという点です。メインサイトの被リンク数を上昇させるという側面もありますが、Googleからの評価を上げたいのであれば何よりもユーザー第一に考えることが重要となります。ユーザーが何を求めているのかを把握して、要望に応えるべく良質なコンテンツを用意することが大事です。独自性および専門性が高くユーザーニーズを満たす良質なコンテンツを、メインサイトだけでなくサテライトサイトでも提供するよう心がけましょう。

情報量の補足などメインサイトのサブと捉えがちですが、サテライトサイトもメインに負けない情報量やコンテンツクオリティを目指すべきです。SEO対策の中で最も効果の高い方法が、コンテンツの充実です。メインやサブといった構造上の立ち位置は分けるべきですが、サイトのクオリティは妥協すべきではありません。サブという認識で運営していたサイトが思わぬ評価を受けることもあるため、サテライトサイトにもメインと同程度の売り上げを計上するほどの品質を目指すことが大切です。

またサテライト側にも、マーケティングは必要である点も忘れてはなりません。ついメインサイトへの流入数などアクセス数のみを重視しがちですが、メインで補いきれないマーケティングチャンスをフォローする必要があるからです。商品の購入ページやメールマガジンの申し込みフォームなど、コンテンツだけでなくマーケティング面でサポートするのを忘れないようにしましょう。

ユーザーニーズを満たすという観点から、レスポンシブ対応も重視すべきポイントとして挙げられます。2010年以降スマホやタブレットなどモバイル端末ユーザーが急増したことにより、サイトのモバイル環境への適応は不可欠となりました。Googleはパソコン環境とモバイル環境の両方の画面表示に適応する、レスポンシブ対応を推奨しています。1つのhtmlでパソコンやスマホ、タブレット端末などあらゆるデバイスに適合するサイトデザインを構築することにより、検索エンジンのクローラーの巡回効率も向上するからです。レスポンシブ対応を施すことで、ユーザーおよび検索エンジンに優しいサイトとなりSEO効果が高まるといった仕組みです。