• ホーム
  • Googleアドセンスをやるには注意が必要

Googleアドセンスをやるには注意が必要

Googleアドセンスとは、Googleが提供するアフィリエイトサービスです。訪問したユーザーがクリックおよびタッチすることで成果が出るため、クリック報酬型と呼ばれます。検索エンジンのアルゴリズムによってサイトやコンテンツに関連した広告を表示して、サイト運営者が収益を得るためのプログラムです。商品やサービスの紹介記事を書いて広告リンクを設置するタイプとは異なり、広告枠を設定しておけばサイトや訪問ユーザーの傾向に合わせてGoogleが広告を自動で選別するため、記事ごとのリンク設定やメンテナンスの手間がかかりません。

Googleアドセンスを設置する際に注意したいポイントは、Googleによる設置審査です。広告を設置するにあたって、Googleが自社で掲げる理念やプログラムポリシーなどの基準を目的のサイトが満たしているかどうか判断します。成果が高いクリック報酬型という性質上他のアフィリエイトサービスよりも比較的審査が厳しいとされており、申請する前に自サイトのチェックが必要不可欠です。

まずチェックポイントとして、最低限サイトやブログを用意していなければなりません。加えて自作コンテンツが充実していない場合審査を通過しない恐れがあるため、最低でも10個前後は自作コンテンツを用意しておくべきです。いくらコンテンツが充実していても、まだクロールが巡回していない程新しいサイトも通過しにくい傾向にあるため、ある程度の期間運用して検索順位がつくのを待ちましょう。また審査通過をより確実にしたいのであれば、記事内の他のアフィリエイトサービスを外しておくことも重要なポイントです。

Googleアドセンスを始める際に必要となるのはサイトと自作コンテンツ、そしてGoogleアカウントの取得です。アドセンスだけでなく、Googleが無料で提供するサーチコンソールやアナリティクスなど便利なツールが利用できるため、アフィリエイトの利用に関わらずGoogleアカウントを取得しておくことをおすすめします。ちなみに、何度も審査に落ちてしまう場合は同じくGoogleが提供するアドセンスヘルプフォーラムを活用して、解決法を探すと良いです。

その他の注意点としては、稀にコンテンツ内容と関連性の低い広告が表示されるケースがある点が挙げられます。原因としてはサイトの属性の他に、訪問ユーザーの行動や興味も反映されるからです。ただし訪れたユーザーの多くが他の訪問者と同じ行動をしている傾向が強いため、大きく的を外すことはないためさほど意識する必要はありません。Googleアドセンスでは、特定のジャンルの広告の表示停止を指定できるため、もし気になるのであればあらかじめ設定しておくと良いでしょう。